ロシア留学1/2経過、17さいの高校生は5か月間でこう変わった!

ロシア留学5か月経過

早いもので長男がロシアに留学して5か月が過ぎました。

5か月間で17歳の高校生はどうかわったのでしょう?

1か月目

ロシアについてすぐはモスクワでオリエンテーションがあり、いろんな国の高校生たちと過ごしました。

長距離の移動、慣れない食事と英語だけの3日間で、精神的にも体力も消耗していたようです。

そして、いよいよホストファミリーの家へ行った日。

やっとスマホも使えるようになり、(研修中は使えない)ファミリーの家に到着して、みんなといっしょに写った写真は、頼りなげながらも、ほっとした表情に見えました。

ホストファミリーは、自分を歓迎してくれている人達です。

落ち着ける場所に着いた安堵感が伝わりました。

ここで、私もほっとしました。

同じ市内に派遣されたイタリア、ベルギーの同期たちと集まってロシア語の勉強をする機会がありました。

まだ、しゃべれません。

2か月目

ホームシックとは言わないけど、辛いものが食べたいと言うので、スナック菓子やカレーをファミリーが好みそうなものといっしょに送ったりしました。

日本のように近くにコンビニはなく、スーパーはあるけど、なかなか欲する味には出会えないようです。

ホストマザー曰く、

「彼はロシア語を話すことをまだ恐れている。」

うんうん、そうでしょう。

まだ喋れるなんて、思っていません。

3〜4か月目

ホストファミリーと旅行に行ったり、クラスメートのファミリーにダーチャへ連れていっていただいたり、いろんな体験をさせていただいています。

学校にもけっこう慣れたよう。

Whats App で話したら(話したのは3回目)家の中を移動しながら、キッチンのお皿を洗ったり、猫のトイレのそうじをしたり、

まるでずっと住んでいる自分の家のように落ち着いていたのです。

嬉しい、さみしい、複雑です。

このころは、ホストブラザーとの会話も、英語があまりでなくなったそう。

ってことは、ロシア語?

驚きです。

5か月目

耳を疑いました。

「昨日のチキンのグリルのソース、マッシュルームのクリームソース

だったけど、オレンジの香りが移っておいしかったんよね〜」

へー、そりゃあ、おいしそうだ。

ん?

えっ!

マッシュルームが美味しい!?

彼はキノコが唯一の苦手な食べ物だったはず。

キノコでは、苦労したはず。

ロシアのことわざ「きのこと名乗ったからにはかごに入れ」の意味は?ロシア人はキノコ好きって本当?
ほぼ好き嫌いのない長男ですが、唯一、食べることを避けたいのが「キノコ」です。留学前にロシアについて調べていると、ロシア人はキノコが大好きで、キノコ狩りに行ったりすると書いてありました。ロシアのことわざに「きのこと名乗ったからにはかごに入れ」というのがありますが、

それが・・・

ホストマザーの料理が美味しくて、キノコの美味しさに目覚めてしまったんですね!

うれしい、すごい、ちょっと悔しい(^^)

この5か月で、最も驚いた、成長した出来事じゃないでしょうか。

ホストマザーに感謝です。

そして、その数日後ホストマザーからのメッセージ。

「今、彼は上手にロシア語を話します。」

嬉しくって、涙がでました。

ちゃんとがんばってるんだね。

毎日おいしいごはんを作ってくれて、見守ってくれているホストファミリーに感謝しかありません。

5か月でこんなに変わる留学って、すごいです。