交換留学生のオリエンテーション、日本のお風呂に戸惑う!布団の使い方も?

交換留学生、日本のお風呂にびっくり!

今年の3月末に日本へ来たるぅ、他の国の留学生たちといっしょに2日間のオリエンテーションがありました。

その時に、お風呂にかなり戸惑ったそうです。メキシコでは、シャワーのみの生活で、バスタブはなし。

それが、日本の研修所では、みんなで入る銭湯?みたいな大浴場。彼らは他人といっしょにお風呂に入ることなんて初めてで、泣いて嫌がる子もいたそうです。

るぅも、もちろん初めてで、なんとか入ったそうですが、日本の温泉も、興味はあるけど行きたくはないと言っていました。他人と入るのが、信じられないそうです。

私たちは子供のころから、温泉や修学旅行の大浴場で当たり前だけど、外国人にとっては、かなりハードルが高いようです。

そんなるぅですが、我が家のお風呂は気に入ったようで、いつも30分以上は入っていました。

朝も、髪の毛を直すからと、ゆっくりシャワー。家だと、一人で安心してゆっくり入れるからね。清潔でいいと思います。 あ、でも朝はもうちょっと急いで!

メキシコ人は暑がり?寒がり?

るぅが来た頃は3月下旬、私たちは部屋ではまだ長袖のトレーナーなどを着ていましたるぅは、半袖のTシャツ1まい、下着もなし。何度聞いても、寒くないというのです。きっと、基礎体温がちがうんだね、って思っていました。

そのころ、寝るときはまだ肌寒い日もあるし、暑い国から来たので(そう思っていた)厚手の毛布と羽根布団。季節は春になり、いくらなんでも毛布はいらないだろう、じゃまだろうと言うと、まだ寒いと言うのです。

昼間は半袖のTシャツ1枚でしょ、昼と夜って、そんなに気温かわらないけど?不思議に思っていたのですが、原因わかりました。夜、羽根布団は使わず、折りたたんで枕にしていたんです。毎朝、頭の方に畳んであるなとは思いましたが、そういうことか。

「るぅ、それは枕じゃないよ。」「?メキシコの枕はこれくらいです」えー、ほんと、大きすぎない、それって?!そして、メキシコではブランケットのみだったそうなんです。まさか、お布団を知らなかった?!

うーん、そういうこともありますよね。

まさか、お布団の使い方を説明しないといけないなんて思ってもいませんでしたが、そうだったんですね。なにか、生活するうえで疑問に思ったこと、へ~って思ったことは話してほしいなー。

るぅには、日本語がいちばん上手なメキシコ人になってほしいんだけどな。

コメント