ロシア留学3ヶ月、本格的なマイナスの世界に必要なものは?

ロシアの冬に必要なもの

10月の中旬、私たちはまだ半袖の服を着ているのに、ロシアでは、冬の準備が必要でした。

ロシアのホストマザーから、そろそろWarm shoesを買いに行くと連絡。

そうでしょう、それ、待ってましたよ。

現地仕様の靴を買う

これは、ロシアのブランドで、Ralf RINGER の靴だそうです。

登山靴みたい。

裏側はこんな感じです。

気に入ったようで、写真もいつもよりたくさん。

Warm shoesはいくらだったでしょうか?

ショッピングモールでいろいろ見て、形も値段も納得したそう。

Warm shoesは3〜5万円するらしいと聞いていたので覚悟はしていたのですが、カードの明細を見たら

6,664.00RUB、13,541円でした。

なかなかいい買い物したね。

学校までの道のりは...

ホストファミリーの家から学校までは、歩いて5分。

えっ、それだけ!?

でも、完全に防寒しないと、とんでもない寒さだそう。

帽子を忘れて耳が出た状態だと、冷たいアイスを食べたときキーンってなるでしょう?ずっとそれ状態だそうです。

道路は濡れていないのに凍っているって、本当?

すでに、ふつうにマイナス8度とかですって。

悪いけど、想像できない。

ちゃんとした靴を履かないと、凍傷、転倒、必至。

羽田空港のユニクロで、ウルトラライトダウンを買おうとしたのにいらないと言ったのに、送ってくださいですって。

やっぱり、そうでしょ?

学校に着いたら

ロシアは家の中も、もちろん学校も日本より暖房が効いているようです。

学校に着くとまず、入口から少しのところにコートを掛けるスペースが

あって、そこで室内履きに履き替え、履いてきたWarm shoesは袋に入れてフックに掛けたコートの下に置くようになっているようです。

下駄箱、ロッカーはないと。

ロシアの学校は、(全ての学校がというわけではないらしいが)

生徒が他の生徒の物を盗まないよう、教室に3台もカメラがあるそうです。(ほんとうかな?)

じゃあ、フックに掛けられた無防備なコートとWarm shoesは?

それは、お掃除の人が見はっている(ほんと?)らしい。

なんとなくそのことを納得できるのは、ちょっと前に袋に入れた室内履きのローファーをスーパーにちょっと置いて忘れたら、戻った時にはなかったそうだから。

うちにホームステイしてたロシアの女の子は、当校2日目に定期券を無くしたけど、その日のうちに届けられてたのに。(定期券を失くしたことをすぐ私に言えず、ロシアのお母さんに慌てて電話していました。)

まあ、仕方ない、気をつけようね。

ロシアの本格的な冬に必要なもの

マイナスの世界には、まず、Warm shoes

そして、ユニクロの極暖ヒートテックとウルトラライトダウン

耳が隠れる帽子

ウルトラライトダウンを見たホストブラザーは、

「そんな薄っぺらいの、確実に死ぬぞ。」

と言ったそうですが、重ね着すると言ったら納得したようです。

極暖とウルトラライトダウンの重ね着でロシアの冬も大丈夫かな?

ユニクロありがとう!