チャンギ国際空港の乗り継ぎはどう過ごす?お金をかけない時間のつぶし方

チャンギ国際空港の乗り継ぎでの過ごし方

 

 

バリ島に行った際、シンガポールエアラインでチャンギ乗り継ぎだったので、帰国の際はあえて乗り継ぎ時間を長くとって、空港でお金を時間をつぶしました。

チャンギ国際空港は2017年世界空港ランキング1位、過去にも何回も1位をとっていて、すばらしい施設がたくさんあります。

乗り継ぎ時間が5.5時間以上あれば、まずは、シンガポールフリーツアーに申し込みましょう。

チャンギ国際空港でフリーツアーデスクを探す

 

 

ツアーの申し込みデスクを探します。

デスクは第2ターミナル乗り継ぎラウンジFあたり、第3ターミナル乗り継ぎラウンジAあたりにある水色のデスクは、常時人がいるわけではありません。

ツアーの1時間ほど前になったら受付が始まります。

ツアーは文化遺産ツアーシティサイツツアー」と二種類ありますが、時間帯よってコースが決まっています。

 

 

私たちは01:20のSQ656便で帰国するので、最後のツアーを予約しました。

2時間半のフリーツアー、申し込む時にはパスポートと搭乗券を提示するので、ツアーに参加可能か、ちゃんと確認してくれますよ。

 

 

そして、受付№と集合時間、場所を書いたシールをもらいます。

 

チャンギ国際空港のフリーツアーへ行こう

 

フリーツアーが始まる時間になると、このシールを貼った人たちが集まってきます

案内の人についていき、シンガポールに入国、ツアーバスへと向かいます。

とてもきれいなバスで、一台に一人ずつガイドさんがつきます。

英語での説明を聞きながら20分ほど走って、シンガポールの街を通り、マーライオン公園に着く頃は薄暗くなっていました。

 

 

 

 

マーライオンは思ったよりぜんぜん小さかったです。

 

 

 

次に、バスでガーデンズ・バイ・ザ・ベイへ移動しました。

この2時間半のフリーツアーは、シンガポール航空、チャンギ国際空港、政府観光局に

よるものです。

 

ツアー参加のお土産にエコバッグいただきました。

まだ時間があるので、空港にもどったら、アンバサダーラウンジで時間をつぶします。

チャンギ国際空港のチャンギ・トランジット・プログラム

 

 

2018年3月31日までの期間にシンガポールで乗り継ぎをすると空港内各種施設で使えるS$20相当のクーポン「チャンギ・ダラー・バウチャー(CDV)」を受け取ることができます。

適用条件があるので、HPで確認してください

このバウチャーは、第2ターミナル、第3ターミナルの「iShopChangiコレクションセンター」で受け取ります。

さあ、このクーポンを使ってラウンジで時間をつぶします。

チャンギ国際空港のアンバサダートランジットラウンジ

 

 

このラウンジは本来有料で、深夜時間は5時間S$50.00かかります。

差額を払えばいいのかな?と思いましたが、このバウチャーを提示すると2時間が無料になりました。

 

時間の書かれたこんなシールをもらいます。

全然込み合っていなかったので、気づいた時には2時間超えていましたが、とくに何か言われることもありませんでした。

時間が遅かったので料理は充実していませんでしたが、ゆったりとしたソファ、スマホに充電したりしながら、シャワーもあり、ゆっくりと過ごすことができました。

 

 

 

 

 

清潔なシャワールームがあります。

奥には有料ですが、マッサージを受けることもできます。

スライド(Slide @ T3)

 

スライダーは、第3ターミナルの4F,2Fに設置されています。
大人でもやってみたいですよね。

営業時間があるので、間に合うように行ってくださいね。

私たちは時間を調べてなかったので、行った時には営業は終わっていました…

かなり残念。

バタフライガーデンも行きたかったのですが、ここは息子2人がとても嫌がったのでやめました。行きたかったな。

他にもきれいなガーデンがたくさんあります。

でも、お勧めは何と言ってもシンガポールフリーツアー

無料でバスに乗って観光できて、とっても得した気分になります。

ぜひ、時間を作って行ってみてください。