マレーシア・コタキナバルのドリアン、旬の猫山王を食べてみた

コタキナバルで初ドリアン

マレーシア・コタキナバルで初めてドリアンを食べました。「最初は、美味しいところで食べなさい。」現地の知人のが教えてくれたのは、セントラルマーケット前の歩道橋の下あたり。

ドリアンスタンドというそうです。

スタンド周りにテーブルと椅子が置いてあって、買ってその場で食べれます。ホテルには持って帰れませんからね。

猫山王、いちばん美味しいと言われていて、お値段も他の品種より高いです。これをひとつ選んでもらって食べました。完熟度や個体差もあるでしょう。

たしかに臭い。でも、言うほどないし。食感はねっとりとクリームみたいで、種のまわりを舐めるように食べます。そんなに甘くなくて、すっごく美味しい!!というわけではありませんでしたが、食べれないかと思ったら、食べれました。最初から食べれる人は、食べるごとにだんだん好きになるそうです。

ほんとうかどうかわかりませんが、12月にはまた食べてみようと思ってます。

ドリアンの季節は年2回

硬いトゲトゲの外観はさすが王様、とても貫禄があります。素手では割れないので、スタンドのお兄さんがナタのようなもので割ってくれます。

夫はクリームチーズみたいで美味しいと言ってましたが、息子二人はまずにおいにやられて食べれませんでした。ビールといっしょに食べてはいけないと言われました。ドリアンの成分が胃の中で異常発酵するそうです。

コタキナバルのドリアンは6~8月、12~2月が旬だそうです。前回8月に行ったときは、まさにベストシーズンでした。

ドリアンのまわりのテーブルはたくさんの人で、相席したのは、中国から来た女性2人でした。カニやエビを大きなお皿に山盛りにして、手づかみで楽し気に食べてる人たちは見たことあるのですが、このお二人、そんな感じでドリアンを食べていらっしゃる。わざわざドリアンを食べるためだけに、中国からコタキナバルに来たそうです。

食べ終わったら、殻の白い窪みに水を入れて飲むと、口臭が消えると教えてくれました。正直、この口臭が消えたとは思えませんでしたが・・・

後日、カフェっぽいところにこんなものがあるからと連れて行ってもらいました。

なぜこんなことに!?

ドリアンシュークリームと、ドリアンケーキ・・・

好きな人は好きなんでしょうけど、なぜわざわざドリアンを使ったの?

初めてのドリアンは食べれるけど、あえて食べなくてもいいくらい。

でも・・・また忘れたころに食べてみようと思っています。

コメント