海外に荷物を送る方法、国際郵便EMSでロシアに荷物を送ってみた

ロシアに荷物を送る方法

ロシアでは、ホストマザーの美味しい料理を食べている長男。

「ロシアでは辛いものがないので送ってほしい。」

2ヶ月経ってちょっと日本食が懐かしくなってきたのでしょう、そんな長男に荷物を送りました。

海外に荷物を送るのは初めて。

いろいろ調べたところ、どうやら郵便局から送るEMSがいいようです。

どのような方法があるのか

留学しているこどもに荷物を送る場合、よく利用されているのが郵便局のEMSです。

EMSとは国際スピード郵便、国際郵便の中で最優先に取り扱われ、2~5日程度で各国に届くというものです。

他にも空港便、エコノミー航空便(SAL)、船便とありますが、値段は高いけど、いちばん早く送れるのはEMS。

どのくらいで届くのか

郵便局に持ち込んだところ、ロシアまで通常一週間ほどで届くのが、税関検査の強化によるモスクワの国際空港、国際郵便交換局の処理遅延どいうことで、もっと時間がかかるそう。

まあ、2週間くらい?ぜんぜん国際スピード郵便じゃないけどと、勝手な見当をつけてロシアのホストマザーに連絡したところ、新たな事実を知ることに。

ロシアの郵便事情とは

ロシアの宅急便は、なんと個人の家までは配達してくれないそう

えっ!そんなこと、知らなかった・・・

追跡サービスでは、日本からのモスクワまではたしかに4日ほどで届いています。

これが、ニジニーノヴゴロドに送られ、家から近い郵便局まで届き、そこから荷物を取りに来るように手紙が届く、というのです。

わざわざ取りに行かないといけない、7キロの荷物を?

「そんなこんなで、イタリアからは1ヶ月かかったけど、心配しないで。」

ってそんな、なんだか、申し訳なくなりました。

そして、とうとう届きました

結論から言うと、ちょうど2週間たった日、家に電話がかかり、ちゃんと玄関口まで届けてくれたということです。

これって、EMSだから個人宅ま届けてくれたということでしょうか?

いまいちよくわからないけど、よかったよかった。

イタリアから1ヶ月かかったって、陸続きだから船便でもないし、逆にどうしてそんなにかかったんでしょうね?

そんなこんなでいったい何を送ったかって、

いちばんの目的は、ホストブラザーへのお誕生日プレゼントです。

自分の部屋をシェアしてくれて、いろいろと生活全般をサポートしてくれている彼に対する感謝の気持ちです。

希望を聞くと、両親からPCをもらうので、マウスが欲しいということで、はりきって選んで送りました。

「ほんと、高いものとかいらないけん」的なことを何度も言っていたそう。

あとは、かわいい猫たちにお皿(首を下げないで食べれる、ちょっと高さのあるもの)、そして猫じゃらし。

気に入ってくれたらうれしいな。

コメント