ふつうってなんだろう?メキシコのふつう、日本のふつう?

ふつうって、どういうこと?

「ふつうは、~だよね?」

「ふつう、そうでしょ?」

とか、言うことありませんか?

私は最近この「ふつう」ってやっかいだと思うようになりました。

るぅがうちに来てしばらくしてからのこと、次男がびっくりして言いました。

「るぅ、お父さんとお母さんの部屋から出てきたよ!?」

そのとき私は晩ごはんを作っていて、だれもいるはずのない私たちの寝室のドアが開いたからびっくりしたら、るぅが出てきたそう。

えー、それってどういうこと???

ちょっとして、

「るぅ、お父さんとお母さんの部屋に入った?」

「?わかりません」

「Did you enter my room?」

「No」

いや、見たし。

「あー、ギター?」

ふだんは、日本語で話しかけますが、わからないときは英語、それでもわからないときはスマホでスペイン語に翻訳して言います。

どうも夫のギターを探していたらしいのです。

ふつーにそう言いました。

これってふつうですか?

私が神経質でしょうか?

るぅが来た日に、家の中の説明をしました。

ここはだれの部屋とか、お風呂とか、トイレとか。

もちろん、夫と私の部屋も、長男の部屋も、次男の部屋も、ドアを開けて

部屋を見せて、説明しました。

ちゃんと説明しましたよ。

でもね、「勝手に入ってはいけません。」とは、言っていません。

そう、たしかに言っていません・・・

これって、【割りばしの袋にささくれに気を付けるように書いてなかったから

ケガをした、書いてないほうが悪い】みたいじゃないですか。

どうも、ふだんも次男の部屋に入って、ゲームやギターを持って来たりしていたようです。

でも、ふつうその部屋の人がいないとき、勝手には入らないでしょう?

用事があれば、私も次男もキッチンやリビングにいるんだから、言ってくれればいいのに。

メキシコでは、家族の部屋はお互いふつうに入ってたんでしょうか?

だとしても、ホストファミリーの家は、自分の家とはちがうし、遠慮というか、常識というか、うーん、そんな感覚、

ふつう、あると思いませんか?

しかも、夫婦の寝室って最もプライベートな空間でしょ?

そこに、ふつうに入っているんです。

これって、文化のちがいとかいう問題でもないと思うのですが。

もう一度、説明しよう

その日は、もちろん、説明しました。

「ノックする→誰もいない→入らない」

っていうか、同じ家の中にいるんだから、話そうよ!

話すの、めんどくさくなってきてますね。

日本語むずかしいだろうけど、るぅが最初に正しい日本語を覚えたいって

言ってたから、丁寧に説明するんです。

でも、聞いてる途中から、わからない???な表情全開で、

私が英語でスペイン語でと翻訳して、

ん?・・・これ、おかしいでしょ?

私はがんばって伝えようとしてるのに、るぅはがんばらないで

だるそうに頬杖ついて、鼻ほじったりしながら聞いてる?のかどうだか。

「もー!人の話聞くときは、頬杖はだめ!学校でもだめなんだからね!!」

「???」なにいってんの?の表情。

私はのんびりした性格でだいたいイライラしたことがないんですが

これって、イライラです、うん。

ふつうって、なんなんでしょうね。

ふだん自分がやってることが、ふつうなんですよ、きっと。

コメント

  1. しま より:

    こんにちは!
    更新、待ってました(笑)

    いや~~~、勝手に家族の部屋に入る留学生…さすがにそれはないです!(私も留学生に「寝室には入らないでね」とは言ってませんが、入ったことは無いです。)
    しかもるぅくん、「入ってない」なんて(°д°)
    多分どこの国でも、勝手にプライベートな空間に入るなんて普通じゃないですよね。
    頬杖も鼻ほじりも そんな姿で話を聞くなんて許されません。
    つきこさん、よく頑張りましたね。

    日本はそんなに甘くない!るぅくん…きっとこれから痛いほどその事を痛感する時がきますよ!
    AFSのプログラムでは途中帰国は認められていますか?
    なんとなくですが、彼が来年まで日本で持つかどうか…と思うのは私だけでしょうか?
    つきこさん、チェンジに関して本当に本当に悩まれたと思いますが、その決断は間違ってはいなかったと思います。
    ホストファミリーの心が病んでしまっては本末転倒ですから(*^^*)

    • つきこ より:

      しまさん、こんにちわ。
      家族の部屋、やっぱり入らないですよね、ふつう^^
      私は、そんなことくらい?気にしすぎ?って考えたりもしましたが、
      やっぱり、そうですよね~。
      頬杖に鼻ほじりながらっていう、いかにも聞く気がない態度^^
      目に浮かぶでしょ?
      これ、今だから笑えるけど、
      その時はもう、笑えるなんて気持ちも余裕がなくて、
      そういう事が積み重なっていってのチェンジなんですね。
      おっしゃるとおり、本当に悩みました。
      途中で投げ出すなんて、最初にあんなに楽しみにしていたのにって。
      でも、私にはもうほんとうに、いっぱいいっぱいだったんです。

      AFSでは、留学生がルールを守らなかったりしたら、
      早期帰国させられることもあります。
      でも、それはよほどのことのようで、そうならないように指導があったり、
      ファミリーチェンジがあるようです。

      それにしても、毎日暑いですね!
      夏バテしないように、がんばりましょう!!