ヘアドネーションの条件は?髪質でくせ毛や白髪でも参加できる?

女優の板谷由夏さんが、ヘアドネーションに参加しました。

ヘアドネーションとは髪の毛を寄付する活動のことで、芸能人で参加している方はたくさんいるようです。

自分の髪の毛が人の役に立つのであれば、こんなにうれしいことはありません。

この記事では、どのような髪が役に立つのか、長さや量、髪質なども関係あるのかなどを調べてみました。

 

ヘアドネーションの条件は?

ヘアドネーションとは、小児癌や先天性の脱毛症、不慮の事故などで頭髪を失った18歳以下の子供たちのために、寄付された髪の毛だけで作った医療用ウィッグを無償で提供する活動のことです。

ウィッグを作るので、長さなどある程度の条件があるようです。

ヘアドネーションの長さについて

ヘアドネーションに参加するには、髪の毛は31㎝以上必要と言われています。

ヘアドネーションは、もともとアメリカのLocks of Loveという団体が行っていた活動で、アメリカでの12インチ(30.5㎝)を基準にしているので日本では31㎝となっています。

ヘアドネーション15㎝でも大丈夫?

15㎝からでも受けつけている団体はありますが、ウィッグを必要としているこどもたちは、多くがセミロングやロングを希望しています。

医療用ウイッグは、1本の髪の毛は折り返して地肌となる生地に植毛するため、31㎝の髪の毛でもショートヘアーのウィッグしか作れません。

  • ショートヘアー  31㎝から
  • セミロング    50㎝から
  • ロングヘアー   60㎝から

つな髪という団体は髪の毛付きの帽子を作っているので、15㎝からでも寄付を受け付けています。

帽子から出る髪の毛の長さだけでよく、頭頂部の髪の毛が要らないので15㎝からでも受け付けているということです。

髪の毛を31㎝も伸ばすのはハードルが高いと思う方は、15㎝だと参加できるかもしれませんね。

ヘアドネーションの髪の質、色について

医療用のウイッグを作るために寄付された髪の毛は、髪質、髪色を均一に整えるトリートメント加工が施されます。

白髪、くせ毛、カラーリングした髪、古い髪の毛、治療薬などを飲んでいる人の髪の毛など、個人によって髪質は違っても、このトリートメント加工をすることで髪の毛が均一に整えられるので、どんな髪質でも寄付することができます。

くせ毛の方は、軽くのばした状態で31㎝あれば大丈夫です。

全身に使える「オールインワンノンシリコンシャンプー」【シンプリッチ】


ヘアドネーションはどこでできる?

ヘアドネーションは、ヘアドネーションに賛同している美容室でカットしてもらうか、自分でカットしたものを自分で送ります。

カットする際は注意点があります。

  • 少量ずつ束にしてゴムでしっかり結ぶ
  • ゴムの1〜2㎝上を切る(ゴムから下が31㎝以上)
  • 完全に乾いた状態で切る

美容室でカットしてもらう際は、ヘアドネーションに賛同しているサロンを探すか、自分の行きつけの美容室で切る場合は、事前に相談することをおすすめします。

 

ヘアドネーションで髪の毛はどこに送る?

まずは、どの団体に送るのか決めてから髪の毛を準備しましょう。

ヘアドネーションを行ってる団体

どの団体も31㎝以上の髪の毛を受け付けていますが、「つな髪プロジェクト」だけは15㎝から受け付けています。

髪の毛を送る際はそれぞれのHPを読んで、どこに送るのか決めてください。

 

ヘアドネーションの髪の毛の送り方

ヘアドネーションを行っている団体のHPには、それぞれ送り方が書いてありますが、「ドナーシート」と「返信用封筒」などが必要になります。

団体によっては受け付けていない期間がある場合もあるので、HPで確認してから髪の毛を送ってください。

送付する際は料金の不足がないように確認が必要です。

 

さいごに

ヘアドネーションに芸能人が参加することによって、その認知度が上がり寄付が急増しているそうです。

板谷由夏さん、土屋アンナさん、相武紗季さん、山本美月さん、二階堂ふみさん、ダレノガレ明美さん、小島瑠璃子さん、福原愛さん、熊田曜子さんなど多くの方やhitomiさんの中学生の長女など、多くの有名人が参加されています。

沖縄の小学生の男子や、佐賀の中学生の男子など、男の子でも参加しているこどもがいます。

現在、医療用ウイッグを必要としているこどもたちは400人以上いると言われており、1つのウイッグを作るためには、約30人分の31㎝以上の髪の毛が必要ということです。

髪の毛が1ヶ月に伸びる長さは約1㎝〜1.3㎝なので、31㎝も髪の毛を伸ばすのはとても大変だと思います。

それでもヘアドネーションに賛同して参加する人が増えていることは素晴らしく、この活動がさらに広がればいいと思います。

いそがしい毎日で、髪の毛にかける時間があまりない方は、全身に使えるシャンプーがあるので参考にご覧ください。
↓↓↓

全身に使える「オールインワンノンシリコンシャンプー」【シンプリッチ】