林真理子の現在は? youtubeのマリコ書房がおもしろい!

直木賞作家の林真理子さんは、小説家でありエッセイストです。

「最終便に間に合えば」「京都まで」での直木賞のほかにも柴田錬三郎賞や菊池寛賞など、たくさんの作品で受賞されています。

エッセイストとしては、週刊文春で連載のエッセイが同一雑誌におけるエッセイの最多掲載回数でギネスの世界記録にも認定されていて、その回数は37年間の継続で1669回、まだ続いています。

また、オペラや着物など多趣味でも知られる林真理子さんですが、最近はどのような活動をされているのでしょうか?

2016年にブログを辞めて以来情報発信されている場所がなかったのですが、現在はYouTubeで本の紹介をされています。

そちらで林真理子さんの現在の様子を見てみましょう。

 

林真理子の現在は?

 

林真理子さんは、小説家やエッセイストとしての活動はもちろん、2020年8月には公式YouTubeチャンネルを開設されています。

林真理子さんが動画配信?と思いましたが、ご実家が書店だったということで、本のすばらしさ、楽しさを多くの人に知ってもらいたいということで「マリコ書房」という本を紹介するYouTubeチャンネルを始めたそうです。

 

 

毎回前半では著書を1冊、後半でおすすめの本を1冊ずつ紹介してくれるのですが、その紹介を聞いているとどうしてもその本が読みたくなってしまいます。

おすすめというだけあって、その本や作家さんにまつわる話が泉のようにどんどん湧き出てきて毎回魅了されてしまいます。

林真理子さんは公演や雑誌での対談も多いので、字だけではなく言葉で伝えることも慣れてあるんですね。

だいたい、週に1回のペースで配信されています。

林真理子の夫は誰で年齢は?子供の大学の名前がついに判明!
作家、エッセイストの林真理子さん。最近は、YouTubeも好評ですね!夫はどんな方で年齢は?子供の大学はどこ?デビュー作『ルンルンを買っておうちへ帰ろう』はベストセラー、お見合いから4か月でスピード婚、そして出産と次々に欲しいものを手に入れる林真理子さんについて調べてみました。
林真理子の8050の意味は?落ちてしまわないで立ち向かう強さに希望を見る
林真理子さんの小説8050が出版されました。8050の意味は、80代の親が50代の子供の生活を支えるという8050問題のことです。小説8050は、週刊新潮の2020年2月27日号〜11月5日号に連載された話題作で、子供のひきこもりと、その原因に立ち向かうという内容になっています。この記事では、8050の意味や、その原因、対策などについて調べてみました。

林真理子のYouTubeの撮影場所は?

 

YouTube動画の撮影場所は、林真理子さんの事務所ということです。

白い大きなソファに聞き手の中村優子さんとふたりならんで座って、とてもリラックスした雰囲気です。

林真理子さんも中村優子さんも普段着のような飾らない感じで、まるでお二人の正面のソファに座ってお話を聞いている気分になります。

以前、「仕事場が寒い」とおっしゃってたので、そこなのかな?とか思いながら、オシャレなカフェでお向かいに座っている気分で見ています。

 

林真理子YouTubeの聞き手、中村優子とは?

 

林真理子さんの公式YouTubeチャンネルの聞き手は、元北海道文化放送のアナウンサーの中村優子さんです。

第1回目の動画でお二人の出会いが紹介されたのですが、それがまたとても林真理子さんらしいんです。

お寿司屋さんで偶然となりに座って、そこでLINEを交換してから仲良くなったということなんですが、林真理子ファンならあるあるってうなずけますよね。

林真理子さんは強運なだけでなく、いろんな好機を引き寄せて、そしえ迷わずつかみとれるような人なんだと思います。

林真理子さんはネット関係にとても弱いということで、中村優子さんと出会ってIT担当者になってもらい、公式YouTubeチャンネルを担当してもらっているということです。

お二人のトークで、以前購入はしたけど読んでいない本が紹介されて、なんで読んでなかったんだろう!と慌てて本棚を探したりもしました。

 

林真理子の現在まとめ

 

林真理子さんは現在、小説家、エッセイスト、そしてYouTubeもされています。

現在の林真理子さんを見れるし、いろんな話しが聞けるのでファンにはたまりませんね。

著書だけでなく、林真理子さんが実際読んだおすすめの本を知ることができる貴重なチャンネルだと思います。

林真理子さんの著書だけでなく、毎週のYouTube配信が楽しみですね。

林真理子さんの作品は、ドラマや映画化さがれたものもたくさんあります。

まだまだ見てない作品を、たくさんみ見たいと思ったら、電子書籍や動画配信サービスがいちばんです!

こちらから、ご自宅でゆっくりご覧ください。
↓↓↓
日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>無料トライアル実施中!


本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。