ホストファミリーと留学生の関係、一か月目は難なく過ぎたが・・・

Honey moon

るぅが来て、1か月過ぎました。

るぅはお箸を上手に使って、納豆だって食べれます。

生のトマト以外は、なんでも食べれます。

リビングのソファでよくだらーっと寝そべっています。

リラックスできてるみたい。

ふつうにそこにいて、明るくて、とてもいい子です。

こんなふうに1か月が過ぎていきました。

留学生が来てから最初の1か月はhoney moonみたいなものだそうです。

なるほど。

おたがい、気も使うし、いいとこ見せたいもんね。

るぅは、春休みに来ました。

私は仕事があるし、長男は春期講習、塾と忙しい毎日です。

来たばかりのるぅといっしょにいられるのは、小学校を卒業したばかりの次男だけ。

ことばの通じない二人のコミュニケーションツールは、テレビゲーム。

最初はこれでいいと思っていました。

母国語はスペイン語

るぅの母国語はスペイン語です。

AFSの留学生は、ある程度英語ができないといけません。

いろんな国の子どもたちに対しての研修は英語だから。

るぅは外国人なので、勝手に英語が堪能だと思っていましたが、どうやら、けっこうてきとうなところがあるよう。

るぅがうちに来ると決まって(配属が決まる、という)プロフィールの交換をした後メールのやりとりをして、すこしずつ慣れておいてくださいと言われました。

私はドキドキしながら、16歳のメキシコ人の男子高校生に英語でメールしました。

返事は、一週間後くらいにきました。

内容は、ちょっと訳できないような、文法的に???があったけど、私の英語力のほうがあやしいんだろうと思って、まあ、そんなものかと思っていました。

三回目のメールには、返事がこなかった。

まあ、いいか。

出発が近づいてきていろいろ忙しいだろうしね。

メキシコ人はどんな性格

メキシコ人の性格、国民性、どうなんだろうと調べてみました。

一概にはいえないけど、サンプル一人で判断はできないけど、たぶん、日本人よりはおおらか。

わかった、って言うけど、実はわかっていないのか、ただ単にやらないだけなのか。

最初の頃は、わからない言葉(だらけでしょうが)を、なにー?わかりません?と辞書を持ってきていました。

私たちも、スマホで日本語を英語に翻訳したのを見せながら、紙に書きながらの会話です。

それが最近は、なにー?わかりません。で済ませて自分で調べようとしなくなってます。

そういえば、私たちがいろいろ聞くと、日本語も少し使いながらいっしょうけんめい話していたけど、るぅから何かを話しかけてくることはなかったなぁ。

それは、知らない国に来てるんだから、私たちホストファミリーが気を使ってあげないといけないでしょう。

そう思っていました。

なんだか、すこしずつ関係がかわってきたみたい。

コメント