吉永小百合主演映画「命の停車場」の主題歌は?歌うのは誰?

吉永小百合さん主演の映画「命の停車場」が2021年5月21日に公開されます。

映画が公開されると、その主題歌も話題になりますね。

「命の停車場」の主題歌を歌っているのは、EXILE ATSUSHIさんになるのでしょうか?

というのは、「命の停車場」は、楽曲が3曲用意されています。

オフィシャルイメージソングは、EXILE ATSUSHIさんが歌う「Amazing Grace」に決定しました。

西田敏行さんが歌う曲もあるので、これらの3曲がどのような位置づけなのか調べてみました。

 

吉永小百合主演映画「命の停車場」の主題歌は?

 

吉永小百合さん主演の映画「命の停車場」のオフィシャルイメージソングはEXILE ATSUSHIさんの歌う「Amazing Grace」と発表されました。

「Amazing Grace」は、イギリスの牧師ジョン・ニュートン (John Newton,1725–1807)の作詞による賛美歌第二編第167番です。

「Amazing Grace」の歌詞は、それぞれみんなちがう、命のしまいかたを受け入れる人々の心を表しているように思います。

歌詞 意味
Amazing grace!(how sweet the sound)
That saved a wretch like me!
I once was lost but now I am found
Was blind, but now I see.’Twas grace that taught my heart to fear.
And grace my fears relieved;
How precious did that grace appear,
The hour I first believed.Through many dangers, toils and snares.
I have already come;
‘Tis grace has brought me safe thus far,
And grace will lead me home.When we’ve been there ten thousand years,
Bright shining as the sun,
We’ve no less days to sing God’s praise
Than when we’ve first begun.
驚くべき恵み(なんと甘美な響きよ)
私のように悲惨な者を救って下さった。
かつては迷ったが、今は見つけられ、
かつては盲目であったが、今は見える。神の恵みが私の心に恐れることを教えた。
そしてこれらの恵みが恐れから私を解放した
どれほどすばらしい恵みが現れただろうか、
私が最初に信じた時に。多くの危険、苦しみと誘惑を乗り越え、
私はすでにたどり着いた。
この恵みがここまで私を無事に導いた。
だから、恵みが私を家に導くだろう。そこに着いて一万年経った時、
太陽のように輝きながら
日の限り神への讃美を歌う。
初めて歌った時と同じように。

 

予告1では、FAKYのメンバーAKINAさんによる「Amazing Grace」が使われています。

 

こちらが、ATSUSHIさんの「Amazing Grace」になります。

AKINAさんとATSUSHIさんによる「Amazing Grace」、どちらの歌も予告だけで感情が高ぶって、本編を見る前からハンカチが必要になってきます。

 

吉永小百合主演映画「命の停車場」のほかの楽曲は?

「命の停車場」

この映画には、「命の停車場」という映画の題名と同じ楽曲も用意されています。

この曲は、主演の吉永小百合さんと深い親交があるギタリストの村治佳織さんが作曲、小椋佳さんが作詞、西田敏行さんが歌っています。

西田敏行さんは歌手としても活躍されていますが、1981年放送の「池中玄太80キロ」というテレビドラマで主演した際には、挿入歌の「もしもピアノが弾けたなら」を歌って大ヒットしています。

「もしもピアノが弾けたなら」はピアノバラードの切ない歌声がとても素敵でした。

この「命の停車場」は応援歌という位置付けですが、映画でまほろば診療所の所長を務める西田敏行さんの歌声は、太く、深く、ずっしりと心に響きます。

「STATION」

劇中歌として、「STATION」という楽曲もあります。

この曲は、「BAR STATION」のマスター役の、みなみらんぼうさんが作詞作曲されています。

詳細はまだわかっていません。

 

エンディングテーマ

エンディングテーマとして、作曲:村治佳織さんというクレジットがあります。

まだ映画を見ていないのですが、西田敏行さんの歌のない、ギターソロが聞けるのではないかと思います。

映画が公開されたら、ぜひ見に行きたいと思います。

 

さいごに

 

吉永小百合さん主演映画「命の停車場」の主題歌、オフィシャルイメージソングはEXILE ATSUSHIさんの歌う「Amazing Grace」。

劇中歌として、みなみらんぼうさんが作詞作曲の「STATION」、エンディングテーマとして村治佳織さんの「命の停車場」、応援歌として西田敏行さんが歌う「命の停車場」が発表されています。

これらの楽曲がどのような場面で流れるのか、実際に映画を見に行こうと思います。

南杏子原作「命の停車場」が映画化!吉永小百合と語る理想の最後とは?
南杏子さん原作の「命の停車場」が映画化されました。まず驚かされたのは、南杏子さんの経歴ではないでしょうか?医師でありながら作家という方はほかにもいらっしゃいますが、南杏子さんはもともと医師をめざしていた方ではなく、医師になる前の職業があります。この記事では、南杏子さんの経歴や「命の停車場」がどのような思いでできた作品なのか、また、南杏子さんが考える理想の最後について見ていきたいと思います。