上沼恵美子が嫁とはホテルでしか会わない理由は?嫁と良好な関係になるコツ

上沼恵美子さんが、お嫁さんがかわいいと大絶賛されています。
いつもは愛のある辛口の上沼恵美子さんですが、息子さんのお嫁さんにはとっても甘いのでしょうか?

人生経験豊富な、人としても女としても先輩の義母の立場でお嫁さんをかわいがることができれば、息子夫婦も自分も幸せになれますよね。

上沼恵美子さんが嫁とはホテルでしか会わないと断言している理由と、息子のお嫁さんと良好な関係になるにはどうすればいいのか考えてみました。

自分にはまだまだ先のこと!と思っているかもしれませんが、いっしょに考えてみましょう。

 

上沼恵美子は嫁とホテルでしか会わない理由は?

 

上沼恵美子さんは、息子さんのお嫁さんと会う時はホテルの高級レストランと決めているそうです。

これって、すごく素敵じゃないですか?

お嫁さんに家に来てもらうとなると、部屋の片づけや食事の用意などいろいろ気になるし、正直めんどうくさいですよね。

「もう、家族なんだから」

なんて思っても、正直お嫁さんにはいいとこ見せたいし、女のミエもあります。

上沼恵美子さんが家にお嫁さんを呼ばない理由は、ご自分が嫁姑問題で苦労されたからだそうです。

お嫁さんが家に来れば、台所を手伝わないとか、何もしなかったらしないで気になるし、すればそのやり方が気になるので、だったら家には呼ばないということです。

会う場所がホテルの高級レストランなら人目もあるし、お互いにいいところだけ見せることができるので、お嫁さんだってきっと会うのをいやだとは言いませんよね。

これって、家族円満のコツですね。

では、そんなお嫁さんと良好な関係でいるためには、ふだんは何に気を付ければいいのでしょうか?

 

上沼恵美子流、嫁との良好な関係の築き方は?

 

上沼恵美子さんは、お嫁さんがかわいいと大絶賛されています。
かわいいからこの洋服に合うんじゃないかなと、服を見てもウキウキするそうです。

お嫁さん自身もきっとお義母さんとして大切にしているから、上沼恵美子さんもお嫁さんをかわいがっているのでしょうね。

できることなら息子のお嫁さんとは、良好な関係でいたいものです。

上沼恵美子さんは息子さんのお嫁さんとの関係を、自分自身の嫁姑関係から、お互いの生活の場には立ち入らないという考えなのではないでしょうか?

自分の大事な息子が選んだ人だから、二人が幸せならそれでいいなんて、頭ではわかっています。

でもね、ってなるんですよ。

息子のお嫁さんって、母の目では娘のようには見えないんです。
義母はお嫁さんを、自分とおなじ女性として見てしまうんです。

だから、靴の脱ぎ方、バックを置くところ、座り方、お箸の持ち方、食べ方、服装、話し方、特に息子の呼び方、気になることなんてあげだしたらきりがないくらいです。

それだけ、いろいろ想いがあるんです。

だから、ホテルの高級レストラン。
近所のうどんやさんや、ファミリーレストランではいけません。

でも、ホテルだなんて、高級レストランなんて、そうしょっちゅうは行けません。
だから、いいんです。

自分もキレイにして行きたいし、キチンとしていい所見せようとしますよね?
お嫁さんだって、きっとそうして来てくれます。
しょっちゅう会わない、というのもポイントです。

自分のテリトリーだと気は緩むし、立ち入られたくない部分も見られるかもしれません。

夫の実家や、友人の家に行って?と思ったことありませんか?

とくに、キッチンや洗面所、トイレなんかの水回り。
自分では見慣れてふつうだと思っていても、他人から見たらえっ!って引かれることって意外と多いんです。

なんたって、息子のお嫁さんには好かれたい。

ならば、お互いにいいところだけ見ようじゃないかということですね。

上沼恵美子が嫁とホテルでしか会わない理由のまとめ

 

上沼恵美子さんが自宅にお嫁さんを招かないで、ホテルの高級レストランでしか会わない理由は、ご自身の姑との経験からでした。

きっとご苦労が多かったんですね。

だから、息子のお嫁さんにはそんな思いをさせたくないという気持ちから、外で会うという選択をされているのでしょう。

ホテルの高級レストランで義母に会うとなると、お嫁さんからしたら夫の実家に行くより気持ちがずっと楽になるし、お食事も楽しみになるんではないでしょうか?

上沼恵美子さん、息子さんと同じようにお嫁さんのことも大事にされているんですね。

お嫁さんとはホテルの高級レストランで会う、これまねさせていただきたいものです。