ロシアのことわざ「きのこと名乗ったからにはかごに入れ」の意味は?ロシア人はキノコ好きって本当?

ほぼ好き嫌いのない長男ですが、唯一、食べることを避けたいのが「キノコ」です。

留学前にロシアについて調べていると、ロシア人はキノコが大好きで、キノコ狩りに行ったりすると書いてありました。

このことはかなり気になってはいたものの、大好きなネコがいっぱいいる国ロシア。

キノコなんてたいしたことない、きっとない・・・

ロシア人はことことわざにもあるくらい、きのこ好き

 

 

ある日ホストファミリーのご夫婦が、かごいっぱいのキノコを持って外出先から帰ってきたそうです。

ホストファミリーの家に来てまだ一週間もたたないうちに、もうキノコの洗礼を受けたのね。

キノコのあまりの多さにショックを受けて、これがいつ出てくるかとびくびくしていた長男。

「今日、昼食にえげつないキノコのスープがでたけど、なぜか食べれました。」

えらいね、うちじゃ食べないのに、やっぱり気を使ってるんだ。

「苦手なハーブと複数の種類のキノコが入った悪夢みたいなスープだったけど、互いに味と風味を打ち消しあったみたいですね」

^^;で、どうだった?

「マイナスとマイナスでプラスではない」

なるほど^^。

いつも、ホストマザーのごはんが美味しいと言っている長男ですが、この辛口な感想は、正直なところでしょう。

ホストブラザーにだけは正直に「キノコは苦手なんだ」と言ったら、

実は彼も好きではないということでした。

ロシアのきのこが使われることわざ2つ

 

ほんとうにキノコ狩りに行くロシア人。

長男のホームステイ先はもちろん、うちに来ていたレーナの家でも、毎年キノコ狩りに行っています。

日本人のリンゴ狩りやミカン狩りなどの果物狩りよりも、だれでもがてがるに行く感じです。

そんなキノコ好きのロシア、キノコがでてくることわざもいくつかあります。

ロシアのキノコが入ったことわざ その1

きのこと名乗ったからにはかごに入れの意味
やるなら徹底的にやれ。中途半端はやめろ。

これ、聞いたこと、いや、目にしたことありますよ。

宇宙兄弟で、イヴァンがヒビトに最後に送ったメッセージ。

宇宙兄弟を読んでた時は、まさか長男がロシアへ行くなんて思いもしませんでした。

ロシアのキノコが入ったことわざ その2

きのこ入りピローグを食べてもぺらぺらおしゃべりするなの意味
ごちそうされても余計なことはしゃべるな。

美味しいもの食べさせてもらったからって、気をゆるすなよってことでしょう。

おもしろいですね。

ちなみにピローグは、日本のパン屋さんにもあるピロシキを大きく作ったものです。

具材は、野菜と肉を炒めたものや、ポテトだったり、卵のサラダだったり、いろいろあるようで、揚げるだけではなく、焼いたものもあるそうです。

高校2年生で、英語もペラペラしゃべれるわけじゃないしロシア語はなおさらわからない長男は、きっと苦労していると思いますが、ホストファミリーに恵まれたおかげでやっていけているのだと思います。

まだまだ自分のことだけでいっぱいいっぱいでしょうが、これから長男の目を通して、私もロシアのことをたくさん知りたいです。

スマ留なら、従来の費用の最大半額!