ウブドの市場は迷路のよう、迷う・はまる・買う・食べる

ウブド市場(Pasar Ubud)

ウブドの市場(パサール)は、王宮の正面、ラヤ・ウブド通りとモンキーフォレスト通りの角にあります。

早朝5時~9時は現地の人々の台所、日中は観光客向けに品揃えが変わるそうです。ウブドには5泊しましたが、残念、早朝の市場は見ていません。もっぱら、日中の工芸品やアート、洋服などを見て回りました。

私はどれだけ見ていても飽きないのですが、男子二人はすぐに見飽きます。もしくは、どうでもいいようなものを欲しがります。

市場は小さなお店が雑然とひしめきあっていて、袋小路のようになっているところもあります。

つい手に取って見ようものなら、奥の方に誘導され、出るのがたいへんなことにもなりかねません。(ちょっとおおげさ)

屋根のないところは突然のスコールに水たまりがあちこちにできます。うっかりはまると足元がびちょびちょになりますが、ここで、ミネラルウオーターが役に立ちます!(ビーサン履いてます)

買いたいものは、言い値の1/10くらいから交渉したらいいそうです。私は1/10ってなかなか言いにくく、1/3~半値くらいで交渉していました。

いろんなものがありすぎるので、納得いく値段で欲しいものしか買いません。自分にお香立て買いましたが100,000IDR、どうだったんでしょう?

ダブール・ブンダ

ガイドブックを見て行ってみたかった、ダブール・ブンダ、見つけました。

ダブール・ブンダとは、お母さんの台所という意味だそうです。期待して、見つけたのはいいのですが、みんなあまりお腹が空いていません。

ごはんは、白米、赤米、ナシクニン(黄色いごはん、ウコンとココナツミルクで炊いてある)の三種類から選べます。

ほんとうは、ごはんの周りにもっとおかずがあると見栄えがよかったのですが、お腹が空いていないのと、メニューが読めなかったので、こんな感じになりました。

お味は、優しく、どれも美味しかったです。食後にピサンゴレン(揚げバナナ)を頼みましたが、アツアツ、トロトロのバナナ、これもやっぱり美味しかったです。

店内は、まったくバリっぽくなくて、アンティーク家具のある日本のカフェみたいでした。

お客さんは他にいなくて、店員さんは、ずっとスマホをいじっていました。

静かで落ち着きます。またスコール、しばらくここでゆっくりしました。

コメント