ロードバイクの盗難が怖い!室内でトレーニングなら静かに長距離走れる!

ロードバイクに乗りたい、でも盗難が怖いのでいまいち躊躇してしまうのであれば、室内で乗るのはどうでしょうか?

ロードバイクに乗る目的でトレーニングの要素が大きいのであれば、室内でローラー台を使って乗ることをおすすめします。

ローラー台を使うことで、ロードバイクに室外で乗るよりもいいことがたくさんありますが、気を付けることもいくつかあるのでここで紹介したいと思います。

また、ロードバイクの盗難対策を専門店で聞いてきたので、合わせてご覧ください。

ロードバイクの盗難対策

 

ロードバイクは高価なものが多いので、たしかに盗難も多いようです。もしも、盗難が怖いけど外で乗りたいのであれば、短時間ロードバイクを離れるときでも、全力で盗難防止対策をするしかありません。

ロードバイクの盗難対策を専門店で聞いてきたので紹介します。

 

ロードバイクの鍵について

ロードバイクの盗難を防ぐためには、ちがう種類の鍵を2つ使うのが基本だそうです。おすすめはワイヤーロックとU字ロックということでした。

ホイールとフレームを電柱などの動かせないものにつなぎ、U字ロックと二重の地球ロックにします。「

ワイヤーロックは、軽いけれども、その分切りやすいのが難点です。U字ロックの方が硬くて切断に時間がかかるそうなので、ボルトカッターなどで切られるにしても、なるべく高い位置につけて、力が入りにくいようにするといいそうです。

たまにU字ロックを下の方につけて人がいますが、盗難するときにワイヤーにしてもU字ロックにしても、硬いものはボルトカッターのグリップwp片側を地面つけて両手で切るそうなので、鍵はできるだけ高いところにつけた方がいいとのことでした。

 

ロードバイクの保管場所について

ロードバイクは、基本的に室内で保管してください。自宅の敷地内に駐輪していても、盗難されたケースがあるそうです。

室内、扉が閉まるガレージに置けない場合は、自宅の敷地内でも路上で駐輪する時と同じように鍵をかける必要があります。道路から見えない場所に置く、カバーをかけるのも効果的だそうです。

マンションやアパートなどで住民以外が入って来れる駐輪場であれば、路上駐輪と同じ鍵のかけ方をします。路上駐輪している感覚での対策が必要です。

 

ロードバイクの駐輪について

ロードバイクを駐輪しなければならない時は、管理人さんがいる屋内の有料駐輪場がベストです。そのような駐輪場がなく、やむなく路上駐輪する場合は、なるべく短時間、そして自分が見える場所にしましょう。

もしも、突発的に路上駐輪しなければならない状況になったとしたら、人目のない場所は避けましょう。

そして、動かせない地面につながったものを巻き込む地球ロックが基本です。

 

ロードバイクのローラー台を室内で使うメリット

 

ロードバイクに乗る目的が、健康などトレーニングでもあるのなら、室内でローラー台をつかってみてください。

まず、ローラー台のよいところを6つあげて、それぞれの説明をします。

1.時間が自由
2.服装が自由
3.視界が自由
4.安全
5.取り外しが簡単
6.保管場所がトレーニング場所になる

1.時間が自由

始める時間もやめる時間も自由です。室内なので、時間を気にせずに好きな時間に始めてやめることができます。

外でロードバイクに乗ることを考えると、用意する時間もあるので、もう遅いから出るのをやめようとか、朝はもう時間がない、という状況になりがちです。

これが室内でローラー台を使えば、ロードバイクを外に出したり、着替える時間もいらないし、自分が決めた時間だけ走ることができます。

 

2.服装が自由

ロードバイクで外を走るとなると、服装も気になります。ヘルメットや、ゴーグル、シューズにサイクリングウェア、全てはそろえなくても、ある程度は必要になってきます。夏は日焼け対策や水分補給、冬は寒さ対策もかかせません。

室内でローラー台を使えば、ふだん着でそのまま走れるし、水分補給はし放題、終わったらすぐにシャワーで汗を流すこともできます。

 

3.視界が自由

これもおすすめする大きな要素です。外とちがって、まわりを見る必要がありません。ハンドルにスマホスタンドを付けたり、近くにおけば動画を見ながらだって走れます。

室内でローラー台を使えば、映画を1本見る時間走る、テレビドラマを1本見る時間走る、そう考えると1時間2時間があっという間だし、途中でのどが乾けばそのまま手をのばせば水分補給もできます。

 

4.安全

外を走るとなると、車や人に気を付けないといけません。天気が悪ければ視界が悪くなることもあるし、暗い時間は、段差など悪路の注意も必要です。

外を走ると景色を楽しむことができますが、交通面での注意が必要です。

室内でローラー台を使えば、車や人にぶつかる危険がないし、信号で止まってペースが崩れることもありません。

 

5.取り外しが簡単

ロードバイクは後輪だけをローラー台に固定します。取り外しも簡単なので、ローラー台はふつうのスタンドに近い感覚で使えます。

外で乗るときにも、道具をつかわずにすぐに取り外すことができます。

 

6.保管場所がトレーニング場所になる

ロードバイクを室内に置いているなら、ローラー台が今までのスタンドの代わりになります。

ローラー台のサイズは、メーカーによってちがいはありますが、だいたいがロードバイクのハンドルの幅より少し広いくらいです。

なので、今までロードバイクを室内に置くときにスタンドを使っていたり、壁にかけていたのであれば、ローラー台を置くスペースは今までよりもそれほど広くなくても大丈夫です。

そして、ローラー台を置いたところがトレーニング場所になります。

 

ロードバイクのローラー台を室内で使うデメリット

 

ローラー台をつかうときに気を付けたいことはあまりないのですが、強いて言えばということで3つあげます。

1.音
2.置き場所
3.シューズ

 

1.音

これは、固定された後輪がすれる音です。しかし、気になるような大きな音ではありません。

メーカーによるかもしれませんが、シューッシューッという音は、響くように大きい音ではありません。

振動を防ぐためにも専用のマットを敷くと、より安心です。

 

2.置き場所

ローラー台の置き場所がそのままトレーニング場所になると思います。

なので、たとえば、廊下のはしっことか、ふだん使ってない自転車置き場にしていた部屋とかに置くのであれば、トレーニングがちょっと孤独になるかもしれません。

置き場所によっては、使うのがおっくうになったりするので要注意です。

 

3.シューズ

シューズは、はっきり言って自由です。

ロードバイクは基本外で乗る人が多いと思いますが、室内でとなると、シューズを用意した方がいいかもしれません。

負荷を大きくすれば、室内だからと言ってペダルに素足は痛いです。厚手のスポーツ用の靴下くらいでもいい人もいるかもしれませんが、室内用シューズを1足用意した方が快適に走れます。

 

さいごに

 

ロードバイクの盗難対策を専門店で話しを伺うと、めんどうなものという前提でしっかりとするべきだと思いました。

だいじなロードバイクを、長時間目を離さないといけない状況にしないことが、いちばんの盗難対策ですね。

ロードバイクに健康やトレーニングのために乗りたいけれど、盗難が怖いので乗るのを躊躇しているのであれば、室内でローラー台をつかって走ることをおすすめします。

室内でローラー台をつかうと時間や服装にとらわれず、安全面でも車や人にぶつかる心配もなく、大きな音や振動もなく快適に走れます。ロードバイクで外を走りたくなったら、取り外しもかんたんなのですぐに出ていけますよ。

室内で動画でも見ながら走れると、トレーニングも長続きするのでおためしください。

↓↓↓

油圧式固定ローラー台 自転車トレーニング フルード式 Sportneer 自転車ローラー 無段階負荷調整 タイヤドライブ式 サイクルトレーナー サイクリングローラー 静音性 安全ロック付 折り畳み 26~28インチ 700Cタイヤ対応 高い耐久性 筋トレトレーナー 室内 自宅ジム 日本語説明書付き (グレー)