プーケットでロシア人少年と会話するなんて想像してなかった

プーケットはロシア語メニューがある

ロシア留学から帰ってきた長男も、今年は高校最後の夏休みです。

来年からはいっしょに来ないそうなので、最後になるかもしれない家族旅行はプーケットに行きました。

雨期にもかかわらず観光客が多いなとは思っていましたが、(自分たちもですが)プーケットってヨーロッパ系の人が多いような気がしました。

そのなかでも、ん?ロシア語?ロシア人?

レストランや観光地でロシア語の表記がふつうにあるんです。

タイ語、英語、ロシア語。

日本語はないのに。

日本はパスポートランキング1位

日本は世界パスポート・ランキング1位で、190か国にビザなしでいくことができます。

それに対しロシアはランキング119か国で47位。

タイにはビザなしで行くことができるんですね。

モスクワからプーケットまで直行便もあるし、1年中暖かいプーケットはロシア人に人気のリゾートだそうです。

アクティビティでもロシア人だらけ

私たちの前のシートに座ったのは40代〜50代のカップルと15歳くらいの少年。

以前バリ島でのラフティングがとても楽しかったので、プーケットでもラフティングのアクティビティを予約していました。

ホテルにお迎えの車が来ます。

私たち4人を乗せた車は、となりのホテルで2組の家族を乗せました。

彼らの会話、どうも、聞こえてくるのがロシア語です。

車中での会話は小声だし早口で、長男はあまり聞き取れないけど、ロシア語だと言っていました。

たしかに、聞き耳を立てるのもなんだし。

どうも再婚カップルのようで、少年はお父さんの子みたいな感じです。

大人がイチャイチャしているので、退屈そうな少年は、日本語が気になるのか、チラチラ振り向きます。

そして、ゾウのいるところに行ったとき⇧の張り紙があり、長男つい声に出して読んでみました。

そうしたら、「ロシア語わかるの⁉」というようなキラキラした目でロシア人の少年が長男を見ました。

そして、そのお母さん?と少年二人が話しかけてきました、ロシア語で。

長男は、流暢とは言えないロシア語と英語で話しています。

なぜロシア語が話せるの?と聞かれたそうです。

久しぶりのロシア語、たどたどしくもなんとなく会話していました。

少年は15歳くらいに見えましたが、13歳でした。

長男が留学する前にロシアについて調べた時、ロシア人は初対面の人には笑顔で話さないと書いてありましたが、まさに、お母さんは真顔でがんがん話しかけてきました。

少年はちょっと笑顔でしたが。

それにしても、まさかプーケットでロシア語を話すなんて、長男びっくりしてました。

ロシアの娘がまた来ます

2年前にうちにホームステイで来ていたロシア人のレーナから連絡がありました。

「夏休みに来ていいですか?」

もちろん!いつだっていいのよ。

彼女がうちに来るのは3回目になります。

ときどき写真を送ってくれたりしてます。

カレーは辛いと言ってましたが、甘口のルーを買って帰っていたようですね。

「お母さん!!!見て( ̄▽ ̄)カツカレーを作りました!」

上手に作ったね。

日本の食べ物が気に入ったようで、オムライスも妹に作ってあげたりしたようです。

とくにたこ焼きが大好きで、うちでもなんどか作りましたが、レーナはタコ焼き器まで買ってロシアでも作っています。

今度は、何を覚えて帰るのか楽しみです。

コメント