ロシア留学、高校生の交換留学までにかかった費用はいくら?

高校生での交換留学

長男がロシアに旅立ちました。

8月の終わりごろ、AFSからこの夏ロシアに留学する高校生が、見送りの家族と一緒に成田に集合しました。高校生たちはみんな、期待と不安の入り混じった表情をしていました。

搭乗口からモスクワまでは、こどもたちだけで行動します。アエロフロートSU261便、機内からはもうキリル文字の世界です。ロシアなんて、すごく遠く感じますが、モスクワまで直行便で約10時間です。

留学するにあたっては、自分から話を持ってきた子、親にや他の大人に勧められた子、さまざまです。うちの長男はというと、本人が「どうしても行きたい!」といったわけではなく、留学ってどう?行けるんかな?くらいから考え始めたら、どんどん進んでいったという感じです。

実際に初めてAFSのテストを受けたのが1月で、留学が8月。その間約7か月。

この間に、県の海外留学する高校生に対する給付型の奨学金の申請、文科省のトビタテ留学JAPANに応募するために書類の作成など、けっこうすることがありました。

県の奨学金の申請は通らず、トビタテの方は、本人も書類作成にかなりの時間と労力を使いましたが、学校が対応できないということで、受け付けてもらえませんでした。

この他に、AFSへ提出する資格証明書等を用意したり、配属に関するいろいろな書類作成、渡航、ビザ申請、保険に関することなど、順を追ってきちんと準備が進められるようになっています。

本人は、3月、6月と2泊3日の東京、大阪での研修があり、親も説明会が2回ほどありました。

渡航までに実際にかかった費用

参考までに、実際に費用はいくらかかったのか、順を追って書き出してみます。

AFS選考手数料     21,600
 〃  振込手数料      540
プログラム参加費(ロシア)  1,200,000
 〃  振込手数料     540
維持会費     10,000
海外旅行保険料    215,450
 〃  振込手数料            540
査証認証料        11,500
推薦書(在籍高校)      200
学業成績証明書(〃)        200
・渡航手続料金     32,400
・国内空港施設使用料     2,610
・現地空港税     1,700
・燃油サーチャージ     7,000
・同意書外務省認証手数料     5,400
・パスポート翻訳料     4,320
・パスポート翻訳認証料    11,500
・翻訳認証手数料     5,400
・現地滞在許可申請料    9,040
・(JCB)の振込手数料     540
オリエンテーション交通費    82,940
とりあえずのルーブル    30,000
〃  ドル    20,000
ここまでの合計金額   1,673,420

留学に関するということで細かいことを書くと

  • 電子辞書、和露、露和辞書            約40,000円
  • お土産(浴衣、甚兵衛、スカーフ、お酒、お菓子)  約37,000円

今後は、現地で洋服や靴、お小遣いが必要になります。 きちんと記録してねとは言っていますが、どこまでしてくれるやら。

あとは、クレジットカードとシティバンクカードを持たせています。

これからが楽しみです。

コメント