杉咲花の朝ドラ過去の作品は?おちょやんの成田凌、前田旺志郎と旅行計画も?

杉咲花さんがヒロインの朝ドラ、おちょやんの撮影が終わりました。

おちょやんは2020年11月30日〜2021年5月14日に放送されたNHK朝の連続テレビ小説で、松竹新喜劇で活躍した上方女優、浪花千栄子を描いたものです。

杉咲花さんはおちょやんでヒロインの浪花千栄子を演じたのですが、過去にもNHK朝の連続テレビ小説に出演しています。

この記事では、杉咲花さんが朝ドラで過去出演したNHK連続テレビ小説や、おちょやんの共演者、成田凌さんや前田旺志郎さんとのなかよし秘話、話題になったシーンなどについても調べてみました。

 

杉咲花の朝ドラ過去の作品は?

 

杉咲花さんは朝ドラに過去も出演されています。

2016年4月4日〜10月1日に放送された「とと姉ちゃん」で、小橋三姉妹の三女美子を演じました。

とと姉ちゃんは、父親が亡くなった後、母と二人の妹を守っていくヒロイン小橋常子が、妹たちといっしょにたくましく生きていくという話です。

とと姉ちゃんは戦後女性のための雑誌を作る出版社を立ち上げ、生活総合誌を刊行し一世を風靡します。

子供のころから手芸が得意だった杉咲花さんの演じる三女の美子は、その雑誌で衣服分野を担当することになりました。

三姉妹はそれぞれ個性がありながら、いっしょに自分の得意な分野で活躍できることがすばらしいと思いました。

 

おちょやんの成田凌、前田旺志郎と旅行計画も?

 

おちょやんで共演した、元夫・一平役の成田凌さんと、劇団員・寛治役の前田旺志郎さんといっしょにラジオに出演した杉咲花さんは、撮影が終わってみんなと会えなくなったのが寂しいようでした。

おちょやんの撮影が終了した時には、「一生この現場で演じていたいと思うほど毎日が幸せだった」と語っていたほどだったので、いつかみんなで旅行に行きたいと思うのも、現場の人間関係がとてもよかったからなのでしょう。

杉咲花さんは1997年生まれの23歳、成田僚さんは1993年生まれの27歳、前田旺志郎さんは2000年生まれの20歳です。

いつかみんなで旅行に行きたいなんて、年齢も近い3人は長い撮影の間にじゅうぶんな信頼関係が生まれたのでしょうね。

 

おちょやんの話題になったシーンは?

 

おちょやんの大きな話題になったシーンは、杉咲花さんと成田凌さんのキスシーンではないでしょうか?

3月19日放送の75話、一平役の成田凌さんが千代役の杉咲花さんに、「なぁ、たまには温泉にでも行けへんか?」と問いかけ、千代は「そやな…」とつぶやき腕を絡ませます。

ふたりが見つめ合って顔をゆっくり近づけると、テルヲの遺影から「アカーン!」という幻聴が聞こえ、ギリギリで千代は顔をそむけます。

一平の「どないしたん?」という問いかけに、今度は千代はそっとキスします。

唇がはなれた後、腕を絡ませた千代の満面の笑みと、どこか戸惑って恥ずかしそうな一平。

このシーンがいちばん盛り上がったのではないでしょうか?

実はこのシーンはキスする予定ではなかったので、アドリブだったそうです。

台本にはふたりのキスするシーンはなかったのですが、撮影の前日ディレクターに、
「テルヲにアカーン!と言われれば、千代はよけいに反発して逆のことをするのではないか?」と提案されたそうです。

それで、成田僚には内緒で本番だけキスをしたということです。

成田僚さんのちょっと戸惑ったような表情は、かなりリアルでしたね。

成田凌は結婚してるって相手は誰?2020年の出演映画のおすすめは?
人気上昇中の若手実力派俳優として注目されている成田凌さん、2020年の出演映画でおすすめはどれでしょう?モデルで芸能界に入り、その後俳優デビューし映画、ドラマでさまざまな役を演じていますが、私生活では結婚しているのでしょうか?

 

さいごに

 

杉咲花さんの出演した朝ドラ過去の作品「とと姉ちゃん」では、小橋三姉妹の三女美子を演じました。

おちょやんでは、NHK朝の連続テレビ小説の主演を務めています。

まだ23歳の、今後も活躍が楽しみな女優さんです。