生活

銀行パートを辞めたい?きつい行きたくないと思ったときの対策2つ!

銀行パートをしているけど、辞めたいと思っている方けっこういますよね。

銀行パートはイメージはいいんですが、正直言って仕事はきついし楽ではありません。

でも、せっかく始めた仕事は、だれだってかんたんには辞められないと思います。

銀行で正行員、パート、転職して派遣でも金融機関で働いていた経験から、銀行パートを辞めたいと思う理由やその対処、対策をご紹介します。

 

銀行パートを辞めたい?

 

まず、銀行パートを辞めたいと思っている人の理由を5つあげてみます。

  • 仕事が覚えられない
  • みんな忙しそうにしていて、わからないことを聞きづらい
  • ミスが許されない雰囲気にピリピリしている
  • 仕事の内容からすると給与が割に合わない
  • 休みが取りづらい

これらは、実際に私が銀行員として働いていた時にパートを辞めて行った人の理由や、私自身の経験から辞めたいと思った理由です。

1つずつ見ていきましょう。

 

仕事が覚えられない時の対策

銀行は、たしかに覚えることが多いです。

法の改正や金融機関の統廃合、諸手続きの変更など、毎日どれだけ通達あるの?それ全部読む時間なんてある?と思うくらい通達や諸連絡があります。

たとえパートでも、銀行で働いていいる限り知らないでは済まされないこともありますが、すべてを覚えようと思ったら頭がパンクしますよね。

まず、このへんはざっくりで大事なところだけで大丈夫です。

あなたは大事なところの判断ができるだろうということで採用されています。

銀行パートは即戦力として必要で採用されているので、任されている業務内容はしっかり覚えましょう。

仕事を覚えるためには、1度やったことを2度目は聞かずにできるようにする工夫が大切です。

銀行には必ずマニュアルがありますが、それを読みながらという時間はないに等しいので、最初に教わるときにコピーやスクショを撮ったりして自分のノートを作っていきます。

この時間の確保さえもなかなかむずかしいと思いますが、できるだけ自分のノートを作って、頭の中で再現して整理します。

だれだって、1度で覚えられることはないです。

覚えられていないことは、マニュアルで調べたり、どんどん聞きましょう。

 

忙しくてわからないことを聞きづらいときの対策

わからないから聞きたいけど、銀行はみんな忙しそうにしていて聞きづらいですよね。

それでも、タイミングを見て聞いたとしても、気持ちよく教えてもらえるとは限りません。

私は派遣で、銀行ではない○○協同組合で1年間働いたのですが、事務処理のやり方を聞くと「それ、教えましたよね」と必ず初めに言うOJT担当の女子職員がいました。

はい、たしかにそうですけど。

大丈夫か、このやり方、処理でいいのか確かめたいんですよ。

でも、こういう人には正直何回も聞きづらいです。

そこで、私は「いろんな人に聞く」ことにしていました。

そうすれば、同じ人に2回聞いて、また?と思われないし、人によって教え方がちがうので、ちがうプラス一言やポイントがあったりで、よりインプットできます

これ、けっこう使えるのでやってみてください。

 

ミスが許されない雰囲気の対策

銀行は、まちがわないようにしないといけませんが、だれだってまちがうことはありますよね。

銀行のパートでも、お金が実際に動く勘定科目を動かすので、まちがったら血の気がサーッと引きます。

私が新人銀行員だったころ、3時ぎりぎりに決済資金の振込先をまちがえたことは今でも忘れられません。

でも、でもね、銀行の仕事って自分1人でやるんじゃないんです。

事務処理は、必ず二重三重の自分以外にチェックされるようなシステムになっています。

そのチェック機能が甘い時に事故は起こるのですが、パートにはそこまで責任がありません。

たいていのことは取り返しが聞かないということはありませんし、そんな取り返しのつかないような仕事をパートにさせることはありません。

ただ、取消作業や誤送金の事後処理など、とんでもなく事務処理が大変でめんどうなのと、顧客、先方への謝罪など、ミスが許されない雰囲気でピリピリしています。

あっ、まちがっちゃった!じゃなく、

あっ!!!...

そして血の気がザーッと・・・

この、事務ミスに対する抑制として、今まで働いた金融機関ではいろんな対策がありました。

  • 終礼で事務ミスをした人がその原因と反省を述べる
  • 事務ミスノートというのがあって詳細に書き回覧される
  • 場合によっては始末書、顛末書

こういうことが待っているので、ピリピリとミスが許さない雰囲気ではあります。

ですが、パートなのでこのミスがボーナスの査定に響くようなことはありません。

なのであなたに、ミスが許されない雰囲気の対策として、ある言葉を捧げます。

「それが世界に影響を及ぼすか?じゃなければ大丈夫」

ちょっと言葉はちがうかもしれませんが、こんなことが書いてある本を読んで気が楽になりました。

世界基準で夢をかなえる私の勉強法 [ 北川智子 ]

状況が状況で血の気が引くようなミスをしているときに、ちょっとグローバルすぎる無責任なことばだと思うかもしれません。

この本には、ただ猛反省するよりも原因をみつけてそこから学び、さっと立ち上がって次に進もうということが書いてあります。

私はこの本を読んでこの言葉がすっかり気に入り、ピリピリした雰囲気の中で自分に、そしてミスしてしまってしゅんとしている人にこの言葉を捧げました。

また、気持ちを立て直せればそれでいいと思います。

 

仕事の内容からすると給与が割に合わない対策

銀行パートを辞めたいと思う理由に、行員と同じような仕事をしていて責任は重いので割に合わないと感じている人も多いようです。

たしかにそう感じるかもしれません。

でも、正行員はパートの知らない仕事もたくさんしています。

見えていないだけで仕事が同じくらいのはずはありませんし、パートはミスをしても責任は負わされません。

査定に響くこともありません。

私は銀行の正行員を結婚退職し、13年のブランクのあとにその銀行でパートとして働くようになりましたが、銀行は銀行でもパートになるとなんて楽なんだろうと思いました。

13年もブランクがあると変わったことばかりですが、責任やノルマがないことで、正行員の時よりも気持ちがずっとずっと楽でした。

仕事をしない、できない正行員はいるかもしれませんが、もしも銀行のパートがしていることが行員と変わらないと思ったらそれはちょっとちがいます。

それでも、もしも割に合わないと思っているとしたら、他の金融機関で働いてみるのもいいと思いますよ。

私は、1つの銀行でしか働いた経験がありませんでしたが、辞めて派遣で他の金融機関で働いてみました。

辞める時はかなり勇気が要りましたが、飛び出してみてよかったと思います。

 

休みが取りづらいことの対策

銀行パートは休みが取りづらいと思っている人、そのとおりですよね。

それは、正行員であろうと、パートだろうとかわりません。

職場の雰囲気がよかったりしたらなおさら、休むと申し訳ないと思ってしまします。

自分が休むとその分ほかの人がカバーすることになりますしね。

子どもの具合が悪い時は仕方ないとしても、自分の具合が悪い時は、たいていの人が無理して出勤しています。

休んでいいと言われても、そういう雰囲気じゃないところが問題ですよね。

そして銀行では、パートも連続休暇をとれると思います。

ですが、これも休みをとりたいと思うところではなかなかとりづらい。

銀行は繫忙日がだいたい決まっていて、忙しい日、曜日、月末月初、決算期、かぞえたらきりがありません。

それを避けるように、まわりと調整しながら休みの予定を決めないといけません。

私は銀行のパートを辞めたんですが、そのあとに転職した金融機関でもやはり休みは取りづらい雰囲気はありました。

なので、最初から対策として、職場の女性職員とは最低限しか親しくならないようにしました

仕事がやりにくいようなことにはならないように、コミュニケーションはふつうにとりますが、

  • あまり自分の家庭のことを話さない
  • 職場の女性職員に深くかかわらない

これ、ほんとにやってました。

自分の家庭のことをいろいろ聞かれても、最低限にしておいて、飲み会は断ります。

聞かれもしないのに自分からあれこれ話しはしません。

親しくなると情が移って、休むのも悪いなと思ってしまうので。

私が銀行パートを辞めたのは、その時に支店ではなく事務センターのようなところで働いていたときです。

同年代の女性が多く、休みが取りたいときに取りづらかったというのも理由の1つにあります。

50代の女性が多かったので、親が亡くなったとなればその人が優先的にお盆に休みます。

中高生や受験生を持つ人も多く、受験の時期はその人に風邪やインフルエンザがうつらないようにまわりもピリピリしていました。

受験や発表に合わせて休んだりもしたいので、受験生の親が何人か重なるとたいへんです。

卒業、入学シーズンや家庭訪問など、休みが取りたい日が重なったりしてお互い気を使ったりもしました。

自分が元働いていた銀行なので愛着もあったし、慣れていて悪くはなかったのですが、家族の都合もあって辞めることになりました。

そして、失業保険をもらっている間に他の金融機関を探して転職したんですね。

でも、これが、大正解でした。

 

銀行パートをきつい行きたくないと思ったときの対策2つ!

 

銀行のパートがきつい、行きたくないと思ったら、対策、改善する方法は2つあると思います。

1つは、そこで居心地がよくなるように自分がレベルアップする。

2つめは、転職です。

それぞれについて思うことを紹介します。

 

居心地がよくなるように自分がレベルアップする

きつい、行きたくないと思うのは、たいていが仕事を覚えられていないからです。

1週間や1ヶ月くらいで覚えられる仕事ではないので、さいしょはきついかもしれません。

もしも、銀行経験者でなく、未経験だったらよけいにきついと思います。

でも、必ず慣れてくるので、自分でノートを作って覚えていくしかありません。

銀行は、パートにも研修やeラーニングなど、学ぶ機会はちゃんとあります。

続けていこうと思うのであれば、自分で居心地よくなるようにしていけばいいんじゃないでしょうか。

わかること、できることが増えてくると気持ちにも余裕ができますよ。

 

ほかの金融機関に転職する

銀行のパートって、どうやって始めましたか?

銀行パートは、OGに対して人事から声がかかったりして始める人が多いです。

経験者は教育にも時間がかからないので、銀行側も雇いやすいです。

働く側としても就職活動せずにかんたんに働けるようになるし、知った所は安心感があります。

銀行はたいていHPに新卒以外の採用情報があります。

そこからエントリーすると、銀行から直接雇用になります。(どこでもそうかはわかりません)

これが、他の金融機関で働いてみたいと思ってネットで調べてみると、いろいろな金融機関での仕事があります。

たいていが派遣会社に登録するようになるのですが、私は銀行のパートをやめて失業保険をもらっている間に、いろいろ調べて、いくつかの派遣会社に登録し他の金融機関で働くようになりました。

銀行パートしか経験のない方は、他の金融機関で働いてみてください。

あまりにちがってびっくりしたり、おもしろいですよ。

なにしろ、50代でも金融機関はちゃんと仕事あるし、派遣だと気が楽です。

私は○○労働金庫と○○協同組合連と、銀行ではない金融機関2か所で働きましたが、どちらも銀行直接雇用のパートよりも時給が高く、派遣という立場だったので銀行パートとくらべると休みもとりやすかったです。

金融機関なのに月末に休みをとる職員がいたり、銀行ではありえない週末や祭日にくっつけて休みをとる人がいるくらいで、派遣社員でも休みがとりやすいです。

ミスに対しても、銀行よりぜんぜんゆるいので、ぴりぴりしていません。

そして、派遣社員と言っても、職場にはいろんな派遣会社から来ている人がいるんですね。

みんなわりきっていて、時間になったらスパっと帰るし、休みもちゃんと休みたいときにとります。

銀行のパートから一歩外に出てみると、銀行の経験しかないからといって銀行にこだわる必要は全くなかったと思いました。

 

銀行パートを辞めたい?きつい行きたくないと思ったときの対策2つ!まとめ

 

銀行のパートを辞めたいと思ったときの対策は2つ。

1.居心地がよくなるように自分がレベルアップする。

2.ほかの金融機関に転職する。

かんたんにまとめてしまいましたが、そこを辞めることができなければ、居心地よくなるように努力することです。

ですが、おすすめは、いちど他の金融機関で働いてみることです。

辞めるのは思い切りや勇気がいるかもしれませんが、辞めたい、きつくて行きたくないくらいなら転職です。

派遣は1年間は働いてみて、あわなければ失業保険をもらいながら次の仕事を探してみてください。

最低1年は働いたほうがいい理由は、失業保険でもらう金額に関係してくるからです。

くわしくは、↓の記事をごらんください。

https://moon0024.com/hoken/

銀行でパートをしていたのであれば、50代だって他の金融機関での仕事はありますよ。

銀行のパートを辞めたいと思ったら、他にも目を向けてみてください。

明日から1日だけでも働ける「シェアフル」

-生活

© 2021 つきのひかり Powered by AFFINGER5