雑記

林真理子の奇跡の歌舞伎役者は誰?モデル博子の現在は?

林真理子さんの小説「奇跡」が話題になっています。

大きな話題になっている理由の一つは、不倫ものの恋愛小説のモデルが現存する女性で、実名で書かれているからなんですね。

また、モデルになっている女性、田原博子さんの元夫である歌舞伎役者が誰なのかということも気になる人が多いようです。

この記事では、林真理子さんの小説「奇跡」のモデル、田原博子さんの元夫の歌舞伎役者は誰なのか、実名で書かれている田原博子さんの現在は?ということを調べてみました。

 

林真理子の奇跡の歌舞伎役者は誰?

 


林真理子さんの小説「奇跡」は現存する女性が実名で書かれています。

そのモデルの女性、田原博子さんはかつて梨園の妻でした。

元夫の歌舞伎役者は誰かと言うと、片岡孝太郎さんです。

そして元舅は歌舞伎界の人気役者で人間国宝の片岡仁左衛門さん、息子さんも歌舞伎役者の片岡千之助さんです

 

こちらが、片岡孝太郎さんと息子さんの片岡千之助さんです。

 

 

こうしてお二人並んでみると、凛とした表情は父子よく似ていらっしゃいますね。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

岩本聡美(@i_am_satomiiiii_55)がシェアした投稿

 

こちらが、田原博子さんの息子の片岡千之助さん、元舅の片岡仁左衛門さん、元夫の片岡孝太郎さんになります。

親子三代素敵な写真ですね。

 

小説のモデルが現存する女性、しかも実名で書かれているということは、関係する方々の多くもそうだということでしょう。

関係者の方々、近しい方も小説の内容が気になるのではないでしょうか。

 

林真理子の奇跡のモデル博子の現在は?

 

 

林真理子さんと「奇跡」のモデル田原博子さんとは、お子さんのママ友だったそうです。

 

 

田原博子さんは現在、田原桂一さんの作品を管理する「ビィルト」の代表取締役です。

写真家の田原桂一さんと出会った当時は梨園の妻、片岡孝太郎さんの妻だった田原博子さん。

田原博子さんと田原桂一さんお二人のことを知り、いつか本に残したいと言っていた林真理子さんでしたが、すぐには実現しなかったようです。

田原博子さんがご家族のことを考え、慎重にならざるを得なかったのは当然でしょう。

しかし今のような世界の状況に、田原博子さんは田原桂一さんとの奇跡を林真理子さんに書いてもらうことを決心されたそうです。

「奇跡」は博子さんと田原桂一さんの純愛小説ということですが、不倫ではあったんですね。

田原博子さんは片岡孝太郎さんと離婚後、田原桂一さんと再婚したのですが、田原桂一さんはすでに亡くなっています。

しかし、元夫の片岡孝太郎さんや舅の片岡仁左衛門さん、息子の片岡千之助さんは今も歌舞伎界で活躍されています。

田原博子さんと田原桂一さんお二人の小説は、しかも不倫の関係であった恋愛小説となれば、かなり勇気のいる出版だったと思います。

「私ほど愛された女はいないと思う。私たちほど愛し合った男と女はいないと思う」という田原博子さんの言葉に、作家として心がうずいたという林真理子さん。

田原博子さんも以前から親交がある林真理子さんになら、作家としての林真理子さんになら書いて欲しいと思い決心されたのでしょう。

一般人の方ではありますが、元は梨園の妻で現在は田原桂一さんの作品を管理する「ビィルト」の代表取締役という実業家の田原博子さん。

田原博子さんは、自身の人生を、大切な人との奇跡を、林真理子さんに書きたいと言われるほどの恋愛を本として残してもらえるなんて、女性として羨ましい限りです。

 

 

まとめ

 

林真理子さんの小説「奇跡」のモデル、田原博子さんの元夫で歌舞伎役者が誰なのかと話題になっています。

田原博子さんの元夫で歌舞伎役者は片岡孝太郎さん、息子も歌舞伎役者で片岡千之助さん、元舅にあたるのは人間国宝の片岡仁左衛門さんです。

「奇跡」は田原博子さんと田原桂一さんの愛の奇跡ということで、現存する女性がモデルの不倫、恋愛小説です。

林真理子さんに書きたいと言われるほどの恋愛を本として残してもらえるなんて、女性としては最高ではないでしょうか。

「私ほど愛された女はいないと思う。私たちほど愛し合った男と女はいないと思う」という博子さんの言葉に、作家として心がうずいたという林真理子さん。

その泣けるという「奇跡」をぜひ読んでみたいと思います。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

奇跡 [ 林 真理子 ]
価格:1760円(税込、送料無料) (2022/2/20時点)

楽天で購入

 

 

 

 

 

 

 

-雑記

© 2022 つきのひかり Powered by AFFINGER5