雑記

さんぽセル予約・販売店はどこ?耐久性や安全性など使い方は?

ランドセルが重すぎて、肩や腰が痛くなるらど体の不調を起こす子どもたちがいます。

小学校の1年生になったばっかりの子にとって、教科書やノートを入れたランドセルの重さは想像以上の重さかもしれません。

その重さは平均約5Kgもあるということです。

子どもたちはその重さから肩こりや腰痛を引き起こすこともあるようで、子ども本人はもちろん親にとっても、ランドセルの重さは悩みどころです。

この問題を解決するために、小学生のアイデアから「さんぽセル」という商品が開発されました。

早くも話題になってる「さんぽセル」ですが、どこで購入できるのか、予約はどこでできるのかを調べてみました。

また、「さんぽセル」の耐久性や安全性、使い方についても見てみましょう。

 

さんぽセルの予約はできる?販売店はどこ?

 

「さんぽセル」は小学生の発想を基に作られた商品です。

いまのところ一般の店舗では販売されておらず、商品を開発したこちらで予約受付中です。

「さんぽセル」は小学生の重いランドセルによる、肩こりや腰痛などを軽減するために小学生の発想を基に商品化されました。

幼稚園生の時には、カバンにはお弁当と水筒と連絡ノートくらいだったのではないでしょうか。

それが、小学生になったとたんに教科書とノートがどんと増えます。

真新しいランドセルを買ってもらって、ワクワクしながら背負ってみた時は中身がなくて軽かったはず。

だんだん慣れるとはいえ、重くてつらい時がありますよね。

「さんぽセル」の開発には、栃木県日光市の廃校になった旧野口小学校に集まった小学生たちの想いがつまっています。

 

 

さんぽセルの耐久性や安全性など使い方は?

 

 

さんぽセルの耐久性は?

「さんぽセル」は重さが約230g、教科書1冊分、だいたい玉子4つ分の重さです。

アルミニウムでできたキャスター付きのフレームは、ランドセルに簡単に取り付けることができます。

ランドセルを両サイドからはさむように取り付けた2本の棒は伸縮します。

その関節部は20Kgの耐荷重で、キャスター部分は耐荷重が60Kgとなっています。

小学生だと、この伸縮する棒を伸ばしたり縮めたり、しょっちゅうやって遊びそうですよね。

ランドセルなんて放り投げたり乱暴に扱ったりもするので、そんな場合の耐久性はどうでしょうか?

実際に小学生が開発に加わっているので、わざと乱暴に扱わない限りある程度の耐久性はあると思われます。

キャスター部分は、取り換えることもできます。

約5Kgあるというランドセルは、この「さんぽセル」をつけて背負わずに引くと、その負担は約90%軽減されて、体感500gほどになるようです。

かなりの負担が減ることになりますね。

「さんぽセル」、形もすっきりしていてあまり目立たないのもいいですね。

さんぽセルの安全性は?

ランドセルは両手があいているのに、「さんぽセル」を使うと片手がふさがるのは危険だとの考えもあります。

走ったりできないし、狭い道や人とすれ違う時も心配です。

道がよくないと、キャスターを引くのも楽ではありません。

坂道や階段、歩道橋、線路、悪路だってあるし、何かにひっかかってつまずいたり、人や物にぶつけることもあるかもしれません。

心配しだしたらきりがないですね。

わざわざ、さらに230g重くなる道具をつけるくらいなら、はじめからキャスター付きのスーツケースのようなものを使えばいいとの考えもあるようです。

しかし、スーツケースって毎日使うものではないですよね。

ランドセルは、両手が自由になる、身一つで動ける、万一後ろにころんだ時にはクッションになり頭を打ちにくいなど利点があるので長年この形が浸透しています。

ランドセルがほぼ背中の幅ですが、わざと狭いところを通ってみたりする小学生には、やはりこの形がベストです。

なので、このランドセルをこのままいかに快適に使うかを考えると「さんぽセル」は試してみる価値はあるかもしれません。

 

 

さんぽセルの使い方は?

 

この「さんぽセル」はランドセルに取り付けた両サイドの棒を伸ばすだけで、キャスターで引くことができるようになります。

いつもこの使い方をすると考えずに、装着がかんたんなので、重たい時だけ状況に応じて臨機応変に使えばいいのではないでしょうか。

さいごに

 

ランドセルは同じサイズのものを、小学校の1年生から6年生までの6年間も使います。

1年生など低学年のまだ体の小さい子にとって、教科書を入れたランドセルの重さの負担はそうとうなものです。

ランドセルが重く、肩や腰が痛くなったり体の不調を起こす子がいるために、2018年に文科省が、宿題に使わない教科書を学校に置いて帰ってもよいと言う「置き勉」を正式に認めました。

ですが、この「置き勉」はいまだに禁止している学校もあります。

授業は増加しているので、教科書やノートなどの荷物は増える一方ということです。

「さんぽセル」を使うことで、健康被害が軽減される子もいるのではないでしょうか。

じつは、中学生でも同じような問題があります。

カバンがあまりに重く、立ち上がろうとして後ろにひっくり返った女の子を見たことがあります。

個人的に、中学生のカバンにも対応できればいいのにと思いました。

「さんぽセル」は今のところ開発した悟空の気持ちというこちらのHPでの予約のみになっています。

重さは230gで着脱もかんたん、ランドセルに装着しておけば必要な時に使うことができます。

低学年や体の小さな子が重さから解放され、元気いっぱいで楽しく小学校に通えればいいですね。

\\↓他にはないオシャレなスクールグッズがいっぱい↓//
【フェフェオンラインショップ】



-雑記

© 2022 つきのひかり Powered by AFFINGER5